ホワイトデーにもおすすめ!コンパーテス ショコラティエ ジョナサン・グラム氏独占インタビュー

アメリカ L.A.発のコンパーテス ショコラティエ。そのポップなデザインと美味しさから、アメリカでは多くのセレブリティを魅了しており、日本でもメディアに多く取り上げられ人気が高まっています。
今回、来日中だったコンパーテス ショコラティエの若きオーナー兼ショコラティエ、ジョナサン・グラム氏に話を聞くことができました。

この来日中に銀座の百貨店や青山のショップなど都内だけでなく、名古屋や大阪の百貨店に来店したそうで、その手応えを
「今年は、ワンランク上の缶入りの商品が人気がありました。缶だといろいろ入れられて食べ終わった後も使えるし、(店頭で缶にサインを書くサービスをしていたので)サインを書いたほうがより大切にしてもらえると思う」
と笑顔で語ってくれました。

またチョコレートを作るうえで大事にしていることはと聞くと、
「パッケージや見た目も大事だけど、やっぱり一番は味です。」
自らの舌に自信と責任を持っているから言える言葉で、その自信から生み出されるチョコレートはアメリカで人気のある、食に厳しいテレビのキャスターも絶賛するほど。
「ロサンゼルスの本店では、その日によって違うチョコレートを作り、お客さんの反応を見て常備するものを決めています」
と、探求心を欠かしません。

ショップに並べるたくさんのチョコレートのアイデアに富んでいるジョナサン。そんな彼の今年の目標は「新しいピーナッツクリームを作ること!」。
どんなピーナッツクリームになるのか、楽しみですね!

さらに今後の夢を伺うと
「自分のカカオファームを作りたい。フルーツとしてカカオを育て豆にし、チョコレートに加工するまでを自分でしたい」
とBEAN TO BARにも意欲的。実現したらコンパーテス ショコラティエはさらに注目されるでしょう。


●オリジナルトリュフ


●ラブフルーツミックス


●オランジェ


●ロシアンスカル

最後に、間もなくホワイトデー。ホワイトデーに、男性から女性にプレゼントするのにおすすめの商品を伺いました。
「ポップなスカルデザインが特徴の「オリジナルトリュフ」、セミドライのフルーツにチョコレートをディップした「ラブフルーツミックス」、アメリカでも人気のある「オランジェ」がおすすめです。また5つのチョコのうち1つだけ激辛が入っている「ロシアンスカル」は視覚と味覚で楽しめ、コミュニケーションツールとして食べてほしいです」
と教えてくれました。男性の皆さん、参考にしてみてください。

コンパーテス ショコラティエ
青山店
住所:東京都港区南青山3-12-11-1F
連絡先:03-6434-0150
営業時間:[平日・土曜]10:00-21:00 [日祝]10:00-20:00

西武 渋谷店
住所:東京都渋谷区宇田川町21-1 西武渋谷A館地下1F
連絡先:050-5822-6343

そごう横浜店
住所:神奈川県横浜市西区高島2-18-1地下2F
連絡先:045-620-4233

西武池袋本店
住所:東京都豊島区南池袋1-28-1地下1F
連絡先:03-3983-7576

L.A.店
Brentwood Boutique Chocolate Lounge
ブレントウッド・ブティック チョコレートラウンジ
住所
912 South Barrington Avenue Los Angeles, CA 90049
米国カリフォルニア州ロサンゼルスサウス・バーリントン・アベニュー912
連絡先
TEL 1+310-826-3380(国際電話番号)
FAX 1+310-826-7730
メール:contact@compartes.com
営業時間:[平日・土曜]10:00-18:00
定休日:日曜

インスタグラム http://instagram.com/compartes
フェイスブック https://www.facebook.com/compartes
ホームページ http://compartesjapan.com