注目はボルディエバターのカヌレとデザートコース!「パティスリー・パロラ」日比谷OKUROJIにオープン

2020年11月1日(日)、「日比谷 OKUROJI(ヒビヤオクロジ)」にスイーツの専門店「Patisserie PAROLA(パティスリー・パロラ)」がオープンしました。

「パティスリー・パロラ」は、フランスの老舗バターブランド「BORDIER(ボルディエ)」とコラボレーションしたカヌレを発売するほか、イートインではスイーツのデセールコース、パフェ、ケーキなども販売します。


「ボルディエ」が日本の店舗とコラボレーションするのは同店が初。アレクシ・パロラシェフの故郷ブルターニュ地方で作られている、老舗バターブランドで、豊かな大地ブルターニュからノルマンディー地方のミネラル豊富な牧草を食べて育った乳牛の新鮮なミルクのみを使用して作られており、滑らかな口当たりと豊潤な香りが特徴。このボルディエバターをふんだんに使ったカヌレは注目です。

また、カウンターで目の前でスイーツを盛り付けて提供してくれる「デセールコース」も注目。


「レモンのスペシャリテ」は、丸ごとレモンのような見た目ですが、実はレモン型のホワイトチョコレート。


中を割ると、レモンムースにミント入りのレモンジュレ。しっかりとしたレモンの酸味と、周りに散りばめられたクランブルが相性の良いデザートとなっています。


「季節のフルーツ&シャンパーニュゼリー」は、液体窒素でフランボワーズを瞬間冷凍し、メロン、ザクロと共に、シャンパーニュゼリー、そしてスパークリングワイン(ノンアルコール有り)を注ぎます。シャリシャリとしたフランボワーズ食感と芳醇なシャンパーニュゼリーの風味、そしてザクロのシャキシャキした食感がアクセントになっています。


こちらは「季節のフルーツ&岩手県「しあわせ牧場」よりグラスフェッド生クリームを使用したデセール」。濃厚でコクのあるミルキーな味わいが特徴の岩手県しあわせ牧場「グラスフェッドミルクの生クリーム」を使ったデザートです。


アレクシ・パロラ(ALEXIS PAROLA)シェフも多くの時間店頭に立ちデザートを作ってくれるそう。フランスナントのポルニック(ブルターニュ地方)出身のパロラシェフは、パリ、ベルリン、スコットランドなどでパティシエとして実績を積み、2016年に来日。日本語も堪能です。

<商品概要>
PAROLAのプレート・デセール・コース(イートイン)
(季節のフルーツ&シャンパーニュゼリー、レモンのスペシャリテ、季節のフルーツ&岩手県「しあわせ牧場」よりグラスフェッド生クリームを使用したデセール、ペアリングドリンク付)
価格:3,800円(税抜)
※予約優先

本日のパフェ(イートイン)
価格:1,800円(税抜)

カヌレ(テイクアウト)
価格:300円(税抜)

<店舗情報>
「Pâtisserie PAROLA(パティスリー・パロラ)」
住所:東京都千代田区内幸町1丁目7-1 日比谷 OKUROJI
TEL:03-6807-5622
営業時間:12:00〜20:00

「パティスリー・パロラ」ホームページ

<文・ヒキノトオル>

【関連ワード】
カヌレデセールパフェレモン日比谷注目