6/20(土)ついにオープン!今年一番の注目スイーツ店「ドミニク アンセル ベーカリー トウキョウ」レポート!

クロナッツやフローズンスモアなど、新たなスイーツのブームを生み出したニューヨークのペイストリーショップ「ドミニク アンセル ベーカリー」が日本初出店。ついに2015年6月20日(土)東京・表参道に「ドミニク アンセル ベーカリー トウキョウ」をオープンします。

ニューヨークでも毎日行列ができるという「ドミニク アンセル ベーカリー」。
日本でもしばらくは混雑が予想されますが、せっかく行くからには、しっかりと情報をチェックして、存分に楽しめるように。今回、いち早くお店の様子、スイーツをレポートします。

まずはこちらが、日本でも話題となったクロナッツ。
クロナッツのブームはこの「ドミニク アンセル」から火がつきました。
03104

そして、今、注目を集めているのが、フローズンスモア。
中はチョコチップが入ったアイスクリーム。
外側はマシュマロ。バーナーで炙ります。
外側も中身も甘くて美味しい!
03078

03080

こちらのクッキーショットも、噂で聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。
ショットグラスの形をしたしっとりとしたチョコチップクッキーの中にミルクを注いでます。
03061

食べ方はと言いますと・・・
ミルクをちょっと飲んで、グラスをちょっとかじって、ミルク飲んで、グラスかじって・・・
というのを繰り返しながらというのが1つの方法。
ただ、人それぞれですので、自分流の食べ方で楽しんでくださいね。
03067

つづいて、こちらもドミニクアンセルの定番メニューDKA。
DKAは「ドミニク・クイニーアマン」の意。
フランスの伝統菓子であるクイニーアマンをドミニク風にアレンジ。
濃厚な味わいがらも軽い食感に仕上がっています。
03095

そして、ドミニク アンセル、実はケーキも充実しています。
「ジンジャーブレッドパインコーン」は、松ぼっくりのようなデザインのチョコケーキ。
チョコのパーツを1つ1つ手作業で追加していくという、手が込んだ作品。
03103

こちらのケーキは「ライムミーアップタルト」。
ライムのムースに塩のトッピング。さらにライム果汁を搾っていただきます。
意外性がある組み合わせですが、一体感が感じられる深い味わい。とても美味しいですよ。
03085

店舗は2階建てでわりと広めです。
壁面には、地下鉄マップを模したデザインのアートなど、遊び心満載です。
1F

03100

こちらがドミニク・アンセル氏。
03053
2011年にニューヨークに「ドミニクアンセルベーカリー」をオープン後わずかな期間でZAGATの「Best Bakery 2013 第1位」など多くの賞を受賞。2014年7月には世界最大手のキュレーションサイトで「死ぬまでに行きたい世界のベーカリー25」に選ばれました。

いかがでしょうか。
話題のクロナッツやフローズンスモアももちろん外せませんが、ケーキもおすすめですし、シェイクやフレッシュジュースなどのドリンク類も充実していますよ。

オープン後しばらくは、行列が予想されますが、
並んででも食べる価値はあると思います!

是非行ってみてくださいね。

<店舗概要>
DOMINIQUE ANSEL BAKERY TOKYO (ドミニクアンセルベーカリートウキョウ)
住所:東京都渋谷区神宮前5-7-14
営業時間:8:00〜19:00
定休日:なし
座席数:88席(1F テイクアウト/イートインスペース。2F カフェレストラン)
TEL:03‐3486‐1329 ※2015年6月20日(土)より

「ドミニクアンセルベーカリートウキョウ」ホームページ

【関連記事】
待ちに待った「ドミニクアンセルベーカリー」日本初上陸!6/20(土)オープン!

03094