京都北山 マールブランシュ探訪日記 〜お茶のこだわりを学ぶ〜


こんにちは。甘党編集長のヒキノトオルです。
4月某日、京都北山 マールブランシュ探訪の旅へ行ってきました。
マールブランシュは、ケーキなど洋生菓子や焼き菓子が揃う京都北山本店、チョコレート専門の加加阿365祇園店、そして、お土産でもおなじみ「茶の菓」を販売する店舗が京都駅や周辺地域に多数出店しています。

今回は、そんなマールブランシュについて色々とご紹介していきたいと思います。

お濃茶ラングドシャ 茶の菓

まずは「茶の菓」というお菓子。みなさん「茶の菓」はご存知でしょうか?
京都の宇治茶を使用したお濃茶ラングドシャにホワイトチョコをサンドしたお菓子で、京都土産としても人気です。ラングドシャにはたっぷりとお濃茶が練りこまれ、お茶の風味がしっかりしています。

このラングドシャで使っているお濃茶がこだわりで、京都宇治に「茶の菓」専用の茶畑があります。ここで管理し作られた「茶の菓」専用の茶葉を使用しているのです。

※お濃茶とは・・・
お抹茶には、点てて飲まれる「薄茶」と、練って飲まれる「濃茶」があります。一般に「薄茶」に比べ「濃茶」は、苦みや渋みの少ない上質な茶葉からつくられ、練ることによってお抹茶本来の甘みを味わうことが出来るとされています。

茶畑は黒いシートで一定期間日光をさえぎり、茶葉の生命力を高め旨味とコクを凝縮。茶葉を摘むのは年に一度、一番茶だけというルールで、厳選しています。

この貴重な茶葉は、工場でラングドシャの生地に練りこまれます。


こちら、滋賀県湖南市にあるマールブランシュの工場のエントランス。ドアとガラスには、マールブランシュの各商品に使われている15種類の「紋」のデザインが施されています。

今回の取材では、工場内の工程の撮影はNGとのことで、エグゼクティブシェフパティシエ江崎靖彦さんによる実演を披露していただきました。


お濃茶を練りこんだ生地を型に流し込み、その後、型を外してから焼き上げます。
焼きあがったラングドシャでホワイトチョコレートをサンドしたら完成です。

なお、夏限定で登場するのが、こちらの「夏もの お濃茶ラングドシャ 涼茶の菓」。

「涼茶の菓」は、ホワイトチョコをサンドするのではなく、生地に練りこみ、夏の暑さでもチョコレートが溶けないよう考えられた商品になっています。


こちらもお濃茶を使った商品。お濃茶フォンダンショコラ「生茶の菓」もおすすめです。
お濃茶とフォンダンショコラを練り合わせており、濃厚でなめらか。冷やして食べるのがおすすめです。

「お濃茶ラングドシャ 茶の菓」10枚入
価格:1,500円(税込)

「夏もの お濃茶ラングドシャ 涼茶の菓」 10枚入
価格:1,500円(税込)

「お濃茶フォンダンショコラ 生茶の菓」 3コ入
価格:750円(税込)

マールブランシュ 京都タワーサンド店

京都駅正面口、京都タワー1階の京都タワーサンド店では、上述の「茶の菓」シリーズが揃うほか、京都タワーサンド店限定のイートインメニュー「生茶の菓アイスバー」「生茶の菓かき氷」を提供。

「生茶の菓アイスバー」は、エスプーマのお濃茶ソースにディップしていただきます。


こちらの券売機でチケットを買います。
「生茶の菓アイスバー」、夏季限定の「生茶の菓かき氷」はこれからの暑い時期イチオシです。

「生茶の菓アイスバー」※京都タワーサンド店限定
価格:250円(税込)

「生茶の菓かき氷」※京都タワーサンド店限定
価格:500円(税込)

マールブランシュ京都タワーサンド店
京都府京都市下京区烏丸通七条下る東塩小路町721番地1 京都タワーサンド1F
TEL:075-353-4567 FAX:075-353-4566
営業時間:9:00 - 21:00
定休日:無休 免税対応:有

チョコレート専門店「マールブランシュ加加阿365祇園店」

祇園の八坂神社から、徒歩5分ほどの場所にあるチョコレート専門の加加阿365祇園店。このお店で注目なのが、お濃茶でできたボンボンショコラ「きょうの宙 お濃茶グランクリュ」です。

濃厚でそれぞれ違った茶葉を使った4粒のお濃茶ボンボンショコラがセットになっています。

収穫量の少ない稀少な品種・あさひを使ったシングルオリジンの「あさひ2018」(写真左上)は、気品ある味わい。濃い味わいながら、後味のキレが良くスッキリした印象。
濃厚なコクと豊かな風味が特徴の「さみどり2018」(写真右上)は、さみどりの持ち味である濃厚さをぎゅっと閉じ込め、香ばしくて力強い余韻が特徴。
さみどりの炭火焙煎を強めにした「あぶり2017」(写真右下)は、焙煎の香りと香ばしさが特徴。お茶の苦味もしっかり、強い味わいを感じることができます。
さみどり・やぶきた・おくみどりの3品種を合組(ブレンド)し、寝かせることで、独特の深みと個性が生まれた「ねかせ2016」(写真左下)は、熟成によって生み出された、深い香りとしっかりとした苦味。力強さを感じる一品。
いずれも、なめらかな中にザクザクとした食感があるのが特徴。4種の個性の違いを食べ比べする事ができます。

「きょうの宙 お濃茶グランクリュ」 ※加加阿365祇園店限定
価格:2,700円(税込)

また、加加阿365祇園店では、365日それぞれの日毎に違う紋がデザインされたチョコレートを販売。

京都の「日々是好日」という文化にちなみ、365日の全てを京都の流儀で楽しむ「加加阿のある暮らし」を提案するショコラトリー。店名と同じチョコレート「加加阿365」は、その日だけの紋が入った特別なチョコレートです。なお、自分が希望する日にちの「紋」が入ったチョコレートは2日前までの事前予約が必要。予約なしで買えるのは、お店に訪れた日の「紋」が入ったチョコレートのみとなります。記念日のお祝いや贈答用にもオススメ。南米ボリビア産のクリオロ種カカオを使用した本格派チョコレートです。

「加加阿365」4個入り
価格:2,160円(税込)

祇園の一角にお店を構える加加阿365祇園店は、外観も内装ももいい雰囲気のお店です。

マールブランシュ加加阿365(カカオサンロクゴ)祇園店
京都府京都市東山区祇園町南側570-150
TEL:075-551-6060 FAX:075-541-3399
営業時間:10:00 - 18:00
定休日:無休

ケーキを食べるなら「マールブランシュ北山本店」

マールブランシュ北山本店を始め、数店舗ではケーキも販売。
中でもマールブランシュの看板メニューはモンブランです。

フランス産の風味豊かな栗を丸ごと1個閉じ込め、フランス・サバトン社のマロンペーストにバーディネー社のネグリタ・ラムで香り付け、コクのある生クリームを合わせたマロンクリームを絞ります。

マールブランシュ北山本店では、目の前でマロンクリームを絞って仕上げてくれる「モンブラン・オートクチュール」も人気。

「モンブラン」
価格:562円(税込)

「モンブラン・オートクチュール」
価格:1,404円(税込)※北山本店限定 イートイン

また、店舗へ行けない人は、「クールバトン モンブラン」は冷凍便なので、通販限定で購入可能です。

「クールバトン モンブラン」
価格:2,916円(税込) ※別途送料要(冷凍便一律1,080円)
「マールブランシュ」オンラインショップ

モンブランの製造工程&断面動画を、Yahooクリエイターズで公開していますので、ぜひこちらもご覧ください。
https://creators.yahoo.co.jp/hikinotoru/0300024722

マールブランシュ京都北山本店
京都府京都市北区北山通植物園北山門前
TEL:075-722-3399 FAX:075-702-9440 北山本店ご予約専用フリーダイヤル:0120-668-399
営業時間:ショップ 9:00 - 20:00 サロン 10:00 - 20:00(ラストオーダー 19:30)
定休日:無休 駐車場:専用駐車場 9台 ※別途提携駐車場有り

お茶にこだわり、京都に根ざしたマールブランシュの様々なお菓子。京都へ行った際はぜひ味わってみてください。

「マールブランシュ」ホームページ

(取材・文:ヒキノトオル)

【関連ワード】
マールブランシュモンブラン京都抹茶

投稿者
甘党編集部