森永乳業「森永れん乳プリンと苺のソース」を期間限定発売

あのあこがれの味わいをひとりじめ!
加糖練乳のような濃厚でコクのある味わいを再現した
「森永練乳シリーズ」から新しい味わいが新登場!
「森永れん乳プリンと苺のソース」
4月23日(火)より新発売

 加糖練乳の甘く濃厚でコクのある味わいを再現した「森永練乳シリーズ」から、
「森永れん乳プリンと苺のソース」が4月23日(火)より新発売される。

 「森永練乳シリーズ」は、「甘くておいしい練乳を好きなだけ食べたい!」という、子どもの頃のひそかな願望を叶えることができる商品。加糖練乳の定番である「森永ミルク」を彷彿とさせる牛のキャラクター“ミルリン”をあしらったパッケージデザインを採用し、練乳をたっぷりと使用したプリンやヨーグルト、アイスなどを発売している。

そしてこのたび、苺に練乳をたっぷりかけたような味わいを手軽に楽しめる
「森永れん乳プリンと苺のソース」を新発売する。

 この牛のキャラクターは、1956年に、当時の「森永ミルク 加糖れん乳」と
「森永βドライミルク」(育児用の調製粉乳)の2つの商品に初めて採用された。
 当時はデザイナーがいなかった時代。このキャラクターは画家の方に描いてもらったもの。その後はさまざまな森永乳業の商品パッケージのシンボルとして活躍している。そして2012年8月20日、公募により56年目にしてついに“ミルリン”という名前が決定した。ミルクをたくさん出してくれた牛さんで、首のベルがリンリンと鳴っているイメージからきた、かわいらしい名前。

商品特長
(1)とろりとした食感のれん乳プリンの下に苺のソース。
(2)甘く濃厚なプリンに、甘酸っぱい苺のソースがアクセントになっている。
(3)加糖練乳「森永ミルク」でおなじみの牛のマーク“ミルリン”をあしらった、なつかしさ・かわいらしさのあるパッケージデザインを採用。
(4)6月頃までの期間限定商品。

森永乳業ウェブサイト
ミルリンのれん乳ファーム