ストリングスホテル東京×ピエールエルメ「ノエル・アフタヌーンティー」好評コラボがクリスマス仕様に

ストリングスホテル東京インターコンチネンタルが、2020年11月1日(日)〜12月25日(金)の期間、「ピエール・エルメ・パリ」とコラボレーションした「ノエル・アフタヌーンティー by ピエール・エルメ・パリ」を提供する。


「ノエル・アフタヌーンティー by ピエール・エルメ・パリ」は、現在提供中のピエール・エルメ・パリとの初めてのコラボレーション・アフタヌーンティーのメニューを一部刷新。11月からのメニューでは、ピエール・エルメ・パリの代表作であるマカロンを使った生菓子「イスパハン(Ispahan)」をはじめ、本コラボレーションのために厳選したマカロン「ジャルダン アンダル(Jardin Andalou)」、ピエール・エルメ・パリの人気のフレーバーの一つである「サティーヌ(Satine)」のスコーンはそのままに、新たにベネズエラ・アラグアニ特定農園産純正チョコレートを使った、三つの層が美しいグラスデザート「エモーション アンフィニマン ショコラ(Emotion Infiniment Chocolat)」をピエール・エルメ・パリよりラインナップ。 加えて、エグゼクティブペストリーシェフ 鈴木崇志氏と総料理長 オリヴィエ・ロドリゲス氏がこれらのアイテムに寄り添うような、この時期ならではのスイーツとセイボリーを考案している。


ピエール・エルメ・パリから新たにメニューに加わった、カカオ豆から拘った「エモーション アンフィニマン ショコラ」は、ショコラのジュレやショコラのビスキュイ、ソルト入りサブレ、クリームが美しい層になったグラスデザート。ベネズエラ・アラグアニ特定農園産純正チョコレートを使い、チョコレートのジュレが、ショコラの力強い生地や軽やかなクリーム、さらに歯ごたえのあるサブレと溶けあい、様々な食感を楽しめる一品。


エグゼクティブペストリーシェフ 鈴木 崇志氏が手がけるのは、希少性が高いもみの木のはちみつ「ミエル・ド・サパン」を使ったジュレに柑橘のパンナコッタをペアリングした爽やかな口あたりのグラスデザートとクリスマスツリーの見た目が愛らしい、ピスタチオとホワイトチョコレートクリームのタルト。

セイボリーは、総料理長を務めるオリヴィエ・ロドリゲス氏が手掛けた3種が揃う。

<開催概要>
「ノエル・アフタヌーンティー by ピエール・エルメ・パリ」
期間:2020年11月1日(日)~12月25日(金)
時間:
アフタヌーンティー 14:00~18:00 (L.O. 16:30) ※1.5時間制
ランチ&アフタヌーンティー 11:30~14:30 (L.O. 13:00) ※平日昼限定、 1.5時間制
ナイト・アフタヌーンティー 18:00~21:30 (L.O. 19:30) ※2時間制
ディナー&アフタヌーンティー 18:00~22:00 (L.O. 21:00) ※ディナータイム限定
料金:
アフタヌーンティー 5,300円(税・サービス料別)
ランチ&アフタヌーンティー 5,800円(税・サービス料別)
ナイト・アフタヌーンティー 6,500円、7,500円(税・サービス料別)(シャンパーニュフリーフロー付)
ディナー&アフタヌーンティー 9,000円(税・サービス料別)

内容:
スイーツ(イスパハン / ストリングス・セレクト 限定マカロン:ジャルダン アンダル / エモーション アンフィニマン ショコラ / もみの木の蜂蜜のジュレ&柑橘のパンナコッタ / クリスマスツリー・タルト ピスタチオ&ホワイトチョコレートクリーム)
セイボリー(パテ・ド・カンパーニュ フォアグラ、 レッドオニオンのコンポート / ピンクペッパー風味のグジェール / サーモンリエット&ハイビスカス)
スコーン(サティーヌ、 プレーン クロテッドクリームとレモンジャムで)
ドリンク(コーヒー、 紅茶、 ハーブティー、フレーバーティーなど20種以上のセレクションからお好きなものをお好きなだけお楽しみください。)

予約・問い合わせ:公式サイト またはTEL 03-5783-1258(レストラン予約直通)

ストリングスホテル東京インターコンチネンタル
住所:東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー26F-32F

「ストリングスホテル東京インターコンチネンタル」ホームページ

【関連ワード】
アフタヌーンティーストリングスホテル東京ピエールエルメホテルスイーツ品川