静岡「茶氷プロジェクト」スタート!静岡県全域61店舗で静岡茶のオリジナルかき氷を楽しむ


全国の約4割という日本一の生産量の静岡茶をかき氷で楽しむ「茶氷プロジェクト」が、2020年7月1日(水)〜9月30日(水)の期間開催される。

「茶氷プロジェクト」は、2018年に静岡県中部エリアで初開催し今年で3年目。今年はエリアが静岡県全域に拡大し昨年の倍以上となる61店舗(初参加38店舗)が参加。参加各店のそれぞれこだわりの個性的な「茶氷」メニューを楽しむことができる。


昨年人気だった、焼津市のSANOWA丸玉園登呂田店「静岡抹茶づくし」(価格:1280円(税込))は、静岡抹茶を色々な形で味わえる体験型のかき氷で、抹茶は自身で挽くため挽き立ての香りが楽しめる。


富士宮市にある天竺屋「静岡抹茶純氷かき氷」(価格:大700円 / 小500円(税込))は、創業1818年の氷屋さんの純氷かき氷。静岡銘茶店も経営しており、氷、シロップ、トッピングの抹茶まで、すべての素材を厳選した自慢の一品。


掛川市のCAFE FRAIS「掛川茶のかき氷」(価格:1240円(税込))は、地元山喜製茶組合の深蒸し茶葉を粉末にしたものを使用した、上品な香りと甘さの後にくる、ほろ苦い味わいのバランスが絶妙なかき氷。あんこも地元の老舗小沼製餡所の手作り。練乳で味変も楽しめる。


藤枝市のななや藤枝店「濃い抹茶氷/濃いほうじ茶氷」(価格:シングルカップ350円、ダブルカップ460円(税込))は、東京・青山店でも食べられるかき氷。抹茶氷は石臼挽きの高級なお点前用の抹茶をふんだんに使用。ほうじ茶氷は2度火入れした、濃いほうじ茶をふんだんに使用。全体に味がしっかりと行き届くよう、シャーベットスタイルで提供している。


プロジェクト協賛店舗では、「茶」と「氷」の文字をデザインしたアンビグラムなロゴののぼりを掲示。静岡らしさを表現するため、富士山と駿河湾を描いている。

また、エリア内各所では、食べ歩きにぴったりな「茶氷帖」を配布している。

<開催概要>
「茶氷プロジェクト」
開催期間:2020年7月1日(水)〜9月30日(水)
エリア:静岡全域(伊豆〜浜松まで)および東京(一部店舗のみ)
静岡中部エリアは5市2町(静岡市、島田市、焼津市、藤枝市、牧之原市、吉田町、川根本町)
店舗数:61店舗
内容:エリア各所で、お茶を使ったかき氷メニューを提供

<店舗リスト>
●静岡東部
Café branch TAMAGOYA / 茶房 欅 / 下山商店かき氷部 / とらや工房 / ノリさんのカキ氷 / 雲上かき氷 / MODEL COFFEE / 天竺屋 / CHAKICHAKI / キッチンZEN / 常盤木羊羹店 茶房 陣 / ふわふわかき氷 HELLO

●静岡中部
茶町KINZABURO / 足久保ティーワークス / 茶の芽 / T’s green / T’s green omachi / 雅正庵 / パティスリー46 / GREEN∞CAFE / chuan / MARUZEN Tea Roastery / 天然氷のかき氷 ふわり山ふわり / 浜佐商店 / CHA10 / 望月竹次郎商店 / 佐藤園 お茶カフェ / chagama / くぼぢ食堂 / SANOWA 丸玉園登呂田店 / 丸栄製茶 / ななや / 藤枝市陶芸センター / aima / 朝日園 茶房遊 / お茶のさすき園 / MATCHA MORE / 森木農園 / 天然氷のかき氷 音沙 / フォーレなかかわね茶茗舘 / cafeうえまる

●静岡西部
ms green tea & garden cafe / 茶菓 きみくら / CAFE FRAIS / Tea time まるは / 法多山名物だんご企業組合 / おさだ苑本店 / 小國ことまち横丁 / 太田茶店 / cafe azure / お茶のかねまつ 角打ち茶屋 / まるよ茶屋 / kiki CAFE&BAR / カフェ トスカ / むつみ屋 有玉店 / Fucucafe / 沖縄cafe果報 / 菓子巧房 ほほえみ / お茶の間 のおと / HARUICHI STYLE / クロッシュ

「茶氷プロジェクト」ホームページ

【関連ワード】
お茶かき氷2020抹茶注目静岡