ミニストップ 6代目「ソフトクリーム新バニラ」 6年ぶりリニューアルで「ミルク感」アップ


ミニストップが、6年ぶりにリニューアルした6代目「ソフトクリーム新バニラ」を、2020年4月10日(金)より発売する。

6代目ソフトクリームバニラは、北海道産の生乳・生クリームの比率を上げてミルク感をアップ。隠し味の練乳でコクを表現している。また卵を不使用としたことで食物アレルギーへも配慮している。またコーンもリニューアルし、よりサクッとした軽い食感を実現。ミルクと相性のよいバターリッチな香ばしさをプラスしている。

<ミニストップ ソフトクリームの歴史>
1980年 創業時よりソフトクリームバニラを発売。
1991年 乳原料の配合率をアップし、ミルク感の強い2代目バニラに変更。 デザートコーンにアーモンドを配合し、香ばしさをアップさせる。
1998年 2連式ソフトフリーザー全店導入により、フレーバーソフトの発売が可能となる。 最初のフレーバーは、いちごソフト。
2001年 北海道産生乳を使用した3代目バニラに変更。 デザートコーンには小麦胚芽を配合し、さらに香ばしさをアップさせる。
2002年〜 「ベルギーチョコソフト」を発売し大ヒット。 以降現在まで18年間季節限定で販売しているNo.1フレーバーに。
2003年〜 ソフトクリームのプロを認定する社内資格「ソフトクリームマイスター制度」を導入。 2011年
北海道産生クリームを増やし、よりなめらかな味わいを実現。 自然な味わいの4代目バニラに変更。
2011年〜 「4代目ソフトクリームバニラ」がモンドセレクションにおいて3年連続”金賞”を受賞。
2013年〜 ミニストップのソフトクリーム初となる高付加価値のソフト「北海道プレミアムソフト」を発売。 以降現在まで毎年秋や冬限定でプレミアム系のフレーバーソフトを販売し定番化。
2014年 「北海道プレミアムソフト」のヒットを受けて、ミルク感を生かしながら「濃厚」「バニラ感」を 味わえる5代目バニラへ変更。国産卵黄を使用し、コクをアップ。
2014年 「5代目ソフトクリームバニラ」がモンドセレクションにおいて”最高金賞”を受賞。
2020年 3月発売の「佐藤錦さくらんぼソフト」がフレーバーソフト延べ100品目となる。
2020年 4月10日「6代目ソフトクリームバニラ」が全店発売。

<商品情報>
ソフトクリーム新バニラ
価格:218円(税抜)
発売日:2020年4月10日(金)より全店発売
東日本(大井川以東)では、2020年3月27日(金)より順次発売中。西日本(大井川以西)では、2020年4月3日(金)より順次発売中。

【関連ワード】
アイスコンビニスイーツソフトクリームミニストップ