全国の人気やきいも屋が集結!やきいもの祭典「品川やきいもテラス2020」1/27~2/2開催


やきいもの祭典「品川やきいもテラス2020」が、2020年1月27日(月)~2月2日(日)の期間、品川シーズンテラスで開催される。

「品川やきいもテラス2020」は、全国各地のやきいも屋の名店が軒を連ね、できたてホヤホヤのやきいもを野外こたつやドームテントに入って楽しむ期間限定イベント。今回はさらにバージョンアップし、総勢16店舗のやきいも屋が集結する。「品川やきいもテラス」で初披露となる新品種のやきいもや、地元でしか食べられなかった希少品種、会場限定のやきいもグルメが多数登場。メニューの数は100品目以上用意される。


「華むらさき(はなむらさき)」(蔵出し焼き芋 かいつか<茨城県かすみがうら市>) (写真左)
「品川やきいもテラス」で初お披露目の新ブランド「華むらさき」。従来の紫芋には無かった糖度と、ネットリとした食感が楽しめる。
「早雲蜜芋 (そううんみついも)」(早雲蜜芋本舗 <岡山県井原市>) (写真右)
“お芋界のサラブレッド”こと「早雲蜜芋(そううんみついも)」は焼き上げたお芋をさらに一晩寝かせることで美味しさがピークに。


「種むすめ(たねむすめ)」(#imore <神奈川県藤沢市>) (写真左)
栽培が非常に難しく、収穫量が極めて少ない幻のお芋「種むすめ」。種子島産のさつまいもは、安納芋に負けないくらい甘く、ネットリとしたお芋で、カボチャの様な香りが楽しめる。
「旭甘十郎(あさひかんじゅうろう)」(焼き芋専門店 芋やす <茨城県土浦市>) (写真右)
茨城県鉾田市で生産されるブランド芋。専用の肥料を使って育てられた「紅はるか」「シルクスイート」の中から、「旭甘十郎」になるのにふさわしいお芋を厳選。一定の条件をクリアしたお芋を、独自の製法で熟成させ、究極の甘みを引き出している。

やきいもづくりのプロたちによる新たな「やきいもグルメ」も登場。

愛知県知多郡東浦町の「やきいもコロ」では、安納芋の熱いポタージュと冷たいバニラアイスによる、温かさと冷たさがマッチする究極スイーツ「メープル・バニラ・やきいもポタージュ」(写真左)を提供。
東京都文京区の「薩摩芋蜜匠 あめんどろや」は、店頭では出さないメニュー「お芋の蜜のアップルパイ」を提供。(写真中)
福井県福井市の「ヒゲ商店」は、今注目の品種「とみつ金時」でつくった「三福富金団子」を提供。(写真右)

会場では毎年恒例の「野外こたつ」に加え、寒い冬の日でも楽しめるあったかコンテンツが充実。1300年の歴史を持ち美人の湯として名高い佐賀県「武雄温泉」から、源泉直送の「スペシャル足湯」が登場。ストッキングや靴下を脱がずに入れるビニールソックスも用意される。

<実施概要>
「品川やきいもテラス2020」
開催日時:2020年1月27日(月)~1月31日(金) 12:00~19:00(最終入場:18:30)
2月1日(土)10:00~19:00(最終入場:18:30)
2月2日(日)10:00~18:00(最終入場:17:30)
※売り切れ次第終了
※少雨決行、荒天中止
会場:品川シーズンテラス イベント広場(東京都港区港南1丁目2番70号)
会場アクセス:JR品川駅 港南口より徒歩6分
参加費:入場無料

「品川やきいもテラス2020」ホームページ

【関連ワード】
やきいも品川