静岡「茶氷プロジェクト」開催!中部エリア全30店舗でオリジナル茶氷発売


静岡県中部エリア5市2町(静岡市、島田市、焼津市、藤枝市、牧之原市、吉田町、川根本町)のお茶カフェや飲食店30店舗(フェス限定店舗含む)で、それぞれの産地のお茶を使った「茶氷」メニューを販売するイベント「茶氷プロジェクト」が2019年7月1日(月)〜9月30日(月)の期間開催される。

「茶氷プロジェクト」は昨年12店舗で展開し好評だったことから今年は30店舗と大幅増加。「全国の約4割という日本一の生産量を誇る静岡茶の魅力をかき氷というカタチで多くの人に親しんでもらいたい」という想いから開催されている。

各店が提供する「茶氷」は、いずれも静岡のお茶を使っているがタイプは様々。シンプルにお茶を楽しむものから、見た目インパクトがあるものなど、各店趣向を凝らしている。


パティスリー46(静岡市)の「抹茶炙りかき氷」は、静岡産抹茶のシロップに店舗自慢のカスタードを焦がしたブリュレが乗っている。 さらに食べ進めると中にもカスタードブリュレという新感覚の炙りかき氷。
価格:800円(税込)


朝日園 茶房遊(島田市)の「涼風(すずかぜ)」は、カラフルなオリジナル団子を添えている。オリジナルクリームの中は、川根産の有機抹茶と黒蜜と小豆が入り、クリームと混ぜ合わせて食べる新感覚のスイーツとなっている。
価格:780円(税込)


MARUZEN Tea Roastery(静岡市)の「お茶屋が作ったお茶のシロップ3種とかき氷」は0℃〜200℃、抹茶、玉露、玄米茶の焙煎温度別でシロップを用意。好みの焙煎度のシロップを3種選び、ミニジェラート1種をトッピング。
価格:シロップ 1種 700円、3種 900円(税込) *別売オプション有


昨年行列店、T's green(静岡市)の「令夏絢爛(れいかけんらん)」。抹茶シロップにキウイの寒天、抹茶入り玄米茶シロップにいちご の寒天、和紅茶シロップにはちみつレモン寒天をそれぞれトッピング。揚げ団子5種とかりんとう饅頭を添えて盛りだくさん。
価格:1,050円(税込)※お茶飲み放題付


雅正庵 千代田本店(静岡市)の「パチパチ抹茶レモン氷」は、静岡抹茶と相性がいいレモンと、タピオカ、ミルクアイス、新感覚パチパチをかき氷にトッピング。様々な食感、味、音を楽しめる。
価格:900円(税込) *宮竹店・焼津西小川店でも販売


藤枝市陶芸センター(藤枝市)の「まきば(牧場)」は、手揉み永世名人の住田恵朗氏のお茶をパウダーにし、抹茶シロップと一緒に楽しむ贅沢茶氷。植木鉢に動物が走るビジュアルもインパクト大。
価格:500円(税込)


静岡へ行くことができない人には、東京でも食べることができるのが、ななや(藤枝店(藤枝市))の「本格派の濃い抹茶氷/本格派の濃いほうじ茶氷」だ。抹茶氷は石臼挽きの高級なお点前用の抹茶をふんだんに使用。ほうじ茶氷は2度火入れした、濃いほうじ茶をふんだんに使用、香ばしさがたまらない一品。 *静岡店、牧之原店、東京・青山店、京都三条店でも販売
価格:1種カップ 370円 / 2種カップ 470円(税込)

<開催概要>
「茶氷プロジェクト」
期間:2019年7月1日(月)〜9月30日(月)
エリア:静岡市、島田市、焼津市、藤枝市、牧之原市、吉田町、川根本町(※一部東京都でも販売)
店舗数:30店舗(※一部、8月開催予定イベントのみの参加店舗含む)
内容:エリア各所で、お茶を使ったかき氷メニューを提供
参加店:
●静岡市
MATCHA PLACE / MARUZEN Tea Roastery / 足久保ティーワークス / GREEN∞CAFE / 天然氷のかき氷 ふわり山ふわり / YAMADAEN / T's green / chuan / パティスリー46 / 望月竹次郎商店 / 茶町KINZABURO / 雅正庵 千代田本店 / CHA10 / chagama / 茶の芽 / 浜佐商店 / sangrams 静岡店
●焼津市
SANOWA 丸玉園登呂田店 / カフェバール・ジハン
●藤枝市
真茶園 / 藤枝市陶芸センター / ななや 藤枝店
●島田市
朝日園 茶房遊 / お茶のさすき園 / 蓬莱橋 897.4茶屋
●牧之原市
ダチョウ牧場の中のカフェ つなぐ / 森木農園
●吉田町
天然氷のかき氷 音沙
●川根本町
cafeうえまる千頭駅前店 / フォーレなかかわね茶茗舘

※「茶氷」各店舗には、アンビグラムの「茶氷プロジェクト」オリジナルのぼりを掲示。
またエリアでは「茶氷リーフレット」を配布し、わかりやすくお知らせします。
※内容は変更となる可能性がございます。

するが企画観光局公式インスタグラム「するとら」

【関連ワード】
かき氷2019抹茶静岡