キーンとこない!?ニューオータニから日光天然氷を使用した"究極のかき氷"新作が登場!

ホテルニューオータニ(東京)では、2019年9月30日(月)まで、「松月氷室」の日光天然氷とホテルの厳撰素材で作り上げた究極のかき氷『サツキかき氷』をKATO'S DINING & BARで提供する。

かき氷に使用しているのは、天然水を使用し自然の寒さでゆっくりと凍らせた「日光天然氷」。
山あいの氷地に湧水を引いて自然に凍るのを待ち、そこから切り出した氷を氷室に積み上げ、おがくずを纏わせて大切に保管する伝統的な手法が用いられている。
職人が丹精を込めて作り上げた天然氷を使用したかき氷は、まるで綿菓子のようなふわっふわの柔らかさ。
口あたりが非常に滑らかで、かき氷特有の頭がキーンとなる感覚も少なく、食べ終わった後に涼しさが体の中を駆け巡る。

「ブランマンジェ」は、文化二年(1805年)創業、「くず餅」の元祖として知られる老舗和菓子屋「船橋屋」とのコラボレーションから誕生した「くず餅乳酸菌」入りのブランマンジェとフレッシュなライチを氷の下に敷き詰めた、本格スイーツさながらの味わいを楽しめる今年の新作かき氷。
ライチソースとマスカルポーネチーズクリームを贅沢に使用することで、爽やかな後口はそのままにクリーミーでまろやかな口あたりに。
仕上げにはバラ香る「レッドローズマカロン」をトッピング。
隠し味のライチはちみつが上品な味わいを引き立てる。

「和三盆」は、白玉・羊羹ゼリー・黒蜜あんこを天然氷の中に忍ばせ、和三盆ソースをあしらったかき氷。
「ひんぎゃの塩」を使うことによって和三盆糖のやわらかい甘さが引き立ち、シンプルでありながら奥深い味わいのかき氷となっている。

「抹茶」は、香り豊かな抹茶のソースに舌触りのすっきりした羊羹ゼリーを合わせた、抹茶本来の味わいが楽しめるかき氷。
抹茶と相性抜群の黒蜜あんこを使用し、本格的な和の味わいにまとめている。
氷の中に忍ばせた丹波の黒豆が食感のアクセントとなっている。

「メロン」は、みずみずしいメロンの果肉を氷の下に並べ、さらにその上からメロン100%のソースをたっぷりとかけたジューシーなかき氷。
こんにゃくを使用したゼリーのプルっとした食感も楽しい逸品です。

いちご・・・福岡の特撰いちご 「博多あまおう®」 の果肉を使用したあまおう100%のソースに、こんにゃくを使用したゼリーを合わせたかき氷。
クリームなどは使用せず、いちご本来の甘みやいちごの果肉を心ゆくまで楽しめる、いちご好きのための”究極の”かき氷だ。

《商品概要》
サツキかき氷
期間:2019年9月30日(月)まで
時間: 4:00~16:30 (L.O.)
料金:
ブランマンジェ/メロン/いちご¥1,800
抹茶/和三盆       ¥2,000 ※税金・サービス料別
場所:日本料理 KATO’S DINING & BAR(ガーデンコート ロビィ階)
ご予約・お問合せ:03-3221-2857(KATO’S DINING & BAR直通)

「ホテルニューオータニ東京」公式ホームページ

【関連ワード】
かき氷2019ホテルホテルスイーツホテルニューオータニ東京