岡山 新ブランドいちご「晴苺」を体験 「晴苺スイーツフェア」都内で開催 2/6〜3/14

2020年02月06日

2019年12月、岡山県からデビューしたブランドいちご「晴苺」。まだまだ出荷数が少なく都内では稀少性が高いのですが、この「晴苺」を使ったスイーツを体験できる「晴苺スイーツフェア」が、2020年2月6日(木)〜3月14日(土)に開催されます。

まず「晴苺」の特徴ですが、大粒で甘さが強くて酸味が少なめ、香りが芳醇ないちごです。岡山県のキャッチフレーズ「晴れの国」にちなんで「晴苺」と名付けられました。
これまで、岡山県は夏の果物は白桃やマスカット、ぶどうなど「くだもの王国」の名にふさわしい多くの果物を生産してきましたが、一方、冬はいちごの生産量が多かったわけではなく、また、岡山ブランドのいちごは無かったため、どうしても果物の発信力が弱い状態でした。そんな状況を打開すべく登場したのが、岡山ブランド「晴苺」なのです。

今回の「晴苺スイーツフェア」では、3店舗とコラボし、様々な「晴苺スイーツ」を販売します。


第一弾は、2月6日(木)〜16日(日)、新橋にあるアンテナショップ、とっとり・おかやま新橋館 2Fにある「ビストロカフェももてなし家」で「晴苺パフェ」を販売。岡山県安富牧場産のアイスクリームと、自家製「晴苺」ソース、ヨーグルトムースに、大粒の「晴苺」約6粒分をトッピングした贅沢なパフェです。


第二弾は、2月21日(木)〜27日(日)、池尻大橋にある「ラトリエ モトゾー」の「晴苺パイ」。塩味の効いたサクサクのパイ生地にサクラ風味のアーモンドクリームと「晴苺」を重ねて焼き上げています。(写真は実際の商品の半分のサイズ)


第三弾は、3月9日(月)〜14日(土)、茅場町の老舗果物店「イマノフルーツファクトリー」の「晴苺サンド」。パンに収まりきらないぐらいの大粒の「晴苺」をたっぷり。食べ応えのある一品です。

高級フルーツ店では化粧箱入り12粒のセットが8,000円程で販売されているという高価な「晴苺」ですが、今回の「晴苺スイーツフェア」は、少しお得に「晴苺」を楽しむチャンスと思います。是非この機会に味わってみてください。


岡山県菊池副知事とフレッシュおかやまキャンペーンスタッフの廣谷さん

<商品概要>
晴苺パフェ
価格:1,680円(税込) 1日20食限定
販売期間:2020年2月6日(木)〜16日(日)
店舗:ビストロカフェももてなし家
住所:東京都港区新橋1-1-7新橋センタープレイス とっとり・おかやま新橋館 2F

晴苺パイ
価格:518円(税込) 1日10個限定
販売期間:2020年2月21日(木)〜27日(日) ※24日は定休日
店舗:ラトリエ モトゾー
住所:東京都目黒区東山3-1-4

晴苺サンド
価格:850円(税込) 1日30食限定
販売期間:2020年3月9日(月)〜14日(土)
店舗:イマノフルーツファクトリー
住所:東京都中央区日本橋茅場町1-4-7

「とっとり・おかやま新橋館」ホームページ

【関連ワード】
いちご2020パフェフルーツサンド岡山県

ヒキノトオル
投稿者
ヒキノトオル
甘党スタイル編集長。
大の甘党であったことから2008年「甘党男子」を設立し、スイーツ活動を開始。当初の目的であった「男性も普通にスイーツを楽しむ時代」が現実のものとなって嬉しいかぎり。いつも美味しいスイーツを求めて食べ歩いてます。チョコ系、ピスタチオ系スイーツが好き。