「ピノファンタジア」ピノとアートの融合体験レポート!チームラボとのコラボエリアも登場


2018年8月7日(火)〜9月2日(日)の期間、東京・原宿の「ラフォーレミュージアム原宿」にて期間限定で開催される「ピノファンタジア」。ピノとアートの融合体験とは?体験レポートをお届けします。

「ピノファンタジア」の会場は、自分だけのオリジナルカラーリングのピノ作りが体験できる「room‘イロ’」と、アート集団「チームラボ」とコラボした、ピノと映像の融合体験ができる「room‘ヒカリ’」に分かれています。

room‘イロ’


「room‘イロ’」では、まず8色のチョコレートソースから好みの4色を選びます。


ピノをセットする缶のデザインを3種類から選びます。
選んだ缶は持ち帰ることができます。


ここからピノ作りの開始。選んだ色を自由に組み合わせてピノをディップ。これでオリジナルカラーでコーティングされたピノが完成です。色の組み合わせ方や、模様の作り方など、自分なりのアレンジを楽しめます。


アイスは溶けやすく、チョコは固まりやすいため、10分以内を目安に作業すると良いです。
6粒作ったら完成。溶けないうちに写真を撮りましょう。
写真を撮ったら、溶けないうちに早めに食べましょう。


「room‘イロ’」のセンターに置かれた巨大ピノタワー。本物のチョコレートが噴水のように湧き出ています。

room‘ヒカリ’


チームラボとコラボした「room‘ヒカリ’」では、スプーンに盛り付けた3種類の「ピノ」が用意されます。テーブルに置かれると、ピノに合わせて花の模様の映像がテーブルに投影。ピノと映像の融合が楽しめます。ピノを動かすと、それに連動して映像も変化していきます。映像は、アイスの温度に反応して変化しているそうです。
こちらも是非写真や動画に収めたいですね。
3種のピノはそれぞれトッピングが施されており、「フルーティーゼリーピノ」「ストロベリーショートピノ」「ティーフレーバーピノ」とどれもここだけの特別なものとなっています。


「room‘ヒカリ’」のエントランスは宇宙的デザイン。

「room‘イロ’」は基本料金の1,000円、「room‘ヒカリ’」はオプション料金で+500円で体験することができます。
夏休みの思い出に是非体験して見てはいかがでしょうか。

<開催概要>
pinofantasia(ピノファンタジア)
期間:2018年8月7日(火)〜9月2日(日)
※8月21日(火)、22日(水)はラフォーレ原宿が休館のため、当イベントも休業
営業時間:11:00〜20:00
場所:ラフォーレミュージアム原宿
住所:東京都渋谷区神宮前 1-11-6 ラフォーレ原宿 6F
料金:入場料[room‘イロ’]1,000円([room‘ヒカリ’]は別途500円)
提供メニュー:[room‘イロ’]ピノアイス6粒、チョコレートソース4種、限定缶のセット
[room‘ヒカリ’]美しくスプーンに盛り付けた3種類の「ピノ」を使った特別メニュー

「ピノファンタジア」特設サイト

投稿者
甘党編集部