山梨「道の駅なんぶ」オープン ”なんぶ茶”をふんだんに使ったご当地スイーツ登場

山梨県南部町にオープンした「道の駅なんぶ」。竹の子やお茶が名産という南部でしか買えないなんぶ茶スイーツや、ご当地グルメ、山梨の農作物の直営所などが充実した食のテーマパークが誕生しました。2018年7月21日(土)にオープンしたばかりの”新グルメスポット”の魅力をたっぷりお届けしちゃいます♪

南部茶パフェ UMAMI(価格800円)と南部茶スイーツ3種セット(850円)


「南部茶パフェUMAMI」(写真左)は、「南部茶=よろこびのお茶」を主役としたご当地グルメが楽しめる南部よろこび食堂で味わえる、南部茶のうまみがたっぷりと凝縮した贅沢なパフェです。南部茶をたっぷり使用したアイスクリームやゼリーも絶品。

南部茶を100%使用した濃厚なお茶のぷりん「南部茶ぷりん」(価格:400円)と、南部茶を使用した南部茶ブリュレテリーヌと南部茶バウムクーヘンがセットになった「南部茶スイーツ3種セット」。「南部茶ぷりん」は口に入れるとトロリととろけて、お茶の香りが口いっぱいに広がり幸せな気分になります。南部よろこび茶室堂で働くシェフが考案して作ったというここだけでしか味わえないオリジナルぷりん。手作り感たっぷりでほっと一息できる優しさが詰まっています。

南部茶バウム(価格:1250円)


南部茶の特徴でもある甘くてとろけるような凝縮したうまみが生地にたっぷりと練り込まれた、今まであるようでなかった新しい風味が味わえるバウムクーヘンです。なんぶ茶を使用したバウムクーヘンを販売しているのは、国内でここだけ。

お茶ジャム「バタースプレッド」「ミルク風味」「チーズ風味」(価格:各648円)


なんぶ茶を使用したジャムが登場しました。瓶に入ったジャムの蓋を開けると色も香りもお茶そのもの。ほのかに香るミルクやチーズやバターがアクセントになって、なんぶ茶の味わいをさらに引き出しました。焼いたパンにもちろん、柔らかいパンに塗って食べてほしい新しいジャムが完成です。パンにつけて食べるのがクセになる魅力たっぷりの一押しジャムです。

南部茶ソフト(価格:350円)


南部よろこび茶食堂で人気のスイーツのひとつに「南部茶ソフト」もランクイン。こちらのソフトクリームにも南部茶をたっぷりと練りこみました。品の良い南部茶の香りと甘すぎない味わいが特長的。こってりし過ぎずに後味もスッキリしています。

福ひとつ(価格:6個入り780円、13個入り1650円)


南部茶の風味が広がるチョコレートで全体をコーテイングした優しい口どけの和洋折衷を感じるお菓子です。新しい感覚のお茶菓子として、夏はキンキンに冷やして味わってみてくださいね。


道の駅なんぶで展開しているなんぶ茶を中心にしたオリジナル商品は50アイテム。さらに飲食などを合わせると100種類ほどの商品を取り揃えています。

「道の駅なんぶでは、これからもなんぶ茶を地域の特産品として知名度の高い商品を提供していきたいと思っています。地産地消から地産多消を目標に、なんぶ茶の魅力をなんぶから日本全国に広げていきたいですね」(道の駅なんぶ責任者)。


山梨県南部町は、同県の最南端にある山間のまちで、美しい富士川が流れる自然豊かな場所です。降水量が多いことから、この土地は古くから緑茶の産地として育まれてきました。
都心から高速道路を使って約2時間ほどの距離に位置する”道の駅なんぶ”。今年の夏休みは、大自然の空気と共にここにしかないご当地スイーツを思う存分楽しむために、ぜひとも足を運んでみてはいかがですか。

<文・千島絵里香>

<施設情報>
道の駅なんぶ なんぶ村の駅
住所:山梨県南巨摩郡南部町中野3034-1
営業時間:9:00〜17:00
年中無休
電話番号:0556-64-8552
駐車場完備:108台
http://www.michinoeki-nanbu.com/

投稿者
甘党編集部