メロンより甘い!諏訪の国ブランド認定「八ヶ岳生とうもろこし」がすごい 銀座で生とうもろこしスイーツ販売も

「メロンより甘いとうもろこし」と聞いて、本当に?言い過ぎじゃない?と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか?

2018年7月31日、長野県・諏訪地方観光連盟が「諏訪の国ブランド認定」第1号の商品として、「八ヶ岳生とうもろこし」を認定。諏訪エリア観光特使を務めるタレントの藤森慎吾さんをゲストに迎え認定式が行われました。

(左から藤森慎吾さん、HAMARA FARM 折井祐介さん、ファンゴー 関俊一さん)

認定式では、「八ヶ岳生とうもろこし」の生産者、長野県諏訪郡原村 HAMARA FARMの折井祐介さんに認定証を進呈。また会場には、当日の朝に諏訪の畑から土ごと運んできたというとうもろこしを生のままで藤森さんが試食。
「甘みがすごい。果汁がすごくてジュースのよう」とコメントされていました。

とは言ってもタレントが忖度して大げさに言っているのでは・・・と半信半疑な方もいらっしゃるでしょう。そこで実際に確かめるべく筆者もとうもろこしを生で試食させていただき、すべての疑念は吹き飛びました。


「これはフルーツだ。」

百聞は一見に如かず。「メロンより甘い」というのは本当でした。
実際の数値的にも、メロンの糖度は13〜18度、いちごは8〜9度と言われる中、この「八ヶ岳生とうもろこし」の糖度は16〜24度あり、本当に甘いということが証明されているのです。
ジューシーで瑞々しくてそして甘くて。風味はもちろんとうもろこしなのですが、甘みがいつも食べ慣れているとうもろこしとは全然違います。茹でたり焼いたりする必要もなく、生で味わうべきとうもろこしだと思いました。

bistro BRANYARD -GINZA-のデザートプレート

この日の認定式の会場となった銀座の人気レストラン「bistro BRANYARD -GINZA-」では、8月1日〜8月31日の期間限定で、「八ヶ岳生とうもろこし」を使用した、生とうもろこしアイスクリーム、ムース、ババロア、パウンドケーキがセットになった「デザートプレート」を提供。(写真のマカロンはランチコースに付属)
「八ヶ岳生とうもろこし」の味わいを身近に体験することができます。

「八ヶ岳生とうもろこし」の通販&収穫体験

なお、「八ヶ岳生とうもろこし」を入手したい方は、「HAMARA FARM」WEBサイトからのリンクで、通販購入が可能。
また、実際に現地の畑で収穫体験ができる特典付き宿泊プランも用意されており、こちらは楽天トラベルか、るるぶトラベルのサイトから確認することができます。

未体験の甘さを感じられる「八ヶ岳生とうもろこし」。ぜひ一度味わってみてください。

<文・ヒキノトオル>

<商品概要>
生とうもろこしスイーツプレート
価格:1,500円(税別)

生とうもろこしアイスクリーム
価格:400円(税別)

提供期間:2018年8月1日〜8月31日
販売店:bistro BRANYARD -GINZA-
住所:東京都中央区銀座1-8-19キラリトギンザ 7F

「bistro BRANYARD -GINZA-」ホームページ
「諏訪の国」ホームページ
「HAMARA FARM」ホームページ

投稿者
甘党編集部