6/16は和菓子の日!色鮮やかに蘇る歴史、歴史で紐解く和菓子の世界 〜東京・向島編〜

6月16日は和菓子の日

西暦848年(承和15年・嘉祥元年)の夏、仁明天皇が御神託に基づいて、6月16日に16の数にちなんだ菓子や餅などを神前に供えて、疫病を除け健康招福を祈誓したと伝えられています。16日を「嘉祥」と改元したという古例にちなんで、全国和菓子協会が1979年(昭和54年)に制定した記念日です。
時代を超えて愛され続けてきた和菓子を求めて、江戸時代からお店を構える東京・向島の老舗の和菓子やさんをブラリと訪ねてみました。

向島「言問団子」


江戸末期に創業した「言問団子」。さらに遡ること平安時代初期に、在原業平朝巨が東国を旅した時に読んだ和歌より言問団子と名付けたお団子なんです。近くには、在原業平が最期を迎えた墨田区の業平橋もあります。創業当初から代々守り続けられている言問団子が愛され続けている理由についてお話を伺ってみました。

6代目女将の外山裕子さんにインタビュー

「名にしおはばいざ言問はむ都鳥わが思ふ人はありやなしやと」

伊勢物語の中で在原業平が読んだ和歌=言問団子を思い出す方も多いのではないでしょうか。江戸時代末期から愛され続けている言問団子。現在は6代目が店を守り続けています。創業当初から素材にこだわり一番質の良い小豆を使っています。
「初代から職人が原材料の質を下げるなら作らないほうがいいという方針で今までやってきました。だから戦争中はお休みしていたんです、当時は砂糖も入らなかったのでね。流通が再開してからお店も再開したんです」と話すのは6代目女将さんの外山裕子さん。
今の3色団子は創業当初の時から変わらず、原材料はいたってシンプル。「初代が一番最初に小豆餡と白餡の2色の団子を作ったのですが、やっぱり3色にした方がいいということで、黄色の味噌餡を作りました」(女将さん)
小豆餡は北海道十勝産のふじむらさき小豆、白餡は北海道十勝産の手亡豆、黄色の味噌餡には手亡豆で作った白餡に京都産の白味噌と新潟産の赤味噌をほんの少し加えたもの。
「添加物は一切使っていないので日持ちは1日のみ。やっぱり出来立てが一番美味しいですね。昔はコシのあるものが人気があったのですが、最近は柔らかいお菓子が好まれている風潮から、お餅のつき方や水の量などを多めに調整して昔よりも若干柔らかめに仕上げています。その日のうちに召し上がってくださいね」(女将さん)。

発売当初からお団子の色は3色と変わらない。初代が「言問団子」と名前を付けてからますます有名に。黄色いお団子の味噌の風味がほんのり香り上品な味わいです。

170年以上愛され続けている理由は「いつでも変わらない味」
時代を超えて愛され続けているのはいつでも変わらない味を楽しめること。
女将さんは愛され続けている理由について「遠方から東京に遊びに来たら必ず寄ってくれるお客様が多いですね。また当時おじいちゃんに連れられて来て、50年ぶりにお店に足を運んでくれるお客さまもいるんですよ。場所も見た目も味も変わらないところがほっとすると言ってくれる方が多いですね」と話してくれました。

当時の風景と現在の風景に思いを寄せる旅と一緒にお団子を

現在の隅田川の桟橋があるところに江戸末期当時に橋渡しがありました。
「明治時代にもまだ橋がかかっていなかったのでそれまで隅田川を渡る時は船で渡っていたんです。川向いのお客さんに、団子屋さ~んと呼ばれると船頭さんが浅草の吉原方面まで漕いで迎えに行ったりしていたんです。また向島には今も数多く残る花柳界があり、当時から殿方が粋な遊びをして帰る時は、必ずお土産を持って帰ったんだそうです。”言問”持って帰ってきたよ~と言うのが粋なはからいだったんです」(女将さん)。

言問団子とインスタ映える

現在も何百年と続いているお団子屋さんもありますが、実際はお店を継続していくのも並大抵なことではないんだとか。
「今はどこに行っても美味しいもので溢れかえっていますが、言問団子は品数を絞ってこれのみで精進しているからやっていけると思っています。これからも他には手を出さないで、時代を超えてもいつでも”ほっと”できるお団子を提供していければと思っています」(女将さん)インスタ映えする写真を撮る現代の楽しみと、時代を超えても愛され続けている言問団子。
3色の色鮮やかなお団子とともに江戸時代の風景が蘇る今がここにありました。

<店舗情報>
言問団子
住所:東京都墨田区向島5-5-22
電話:03-3622-0081、03-3622-5010
営業時間:9:00〜18:00
定休日:火曜日
http://kototoidango.co.jp/

長命寺桜もち

正岡子規も食した「長命寺桜もち山本や」

「今年で創業301年を迎えました。現在は11代目が桜もちを毎日作っていますよ」と話してくれたのは11代目女将の山本さん。301年にわたって材料や作り方がほとんど変わっていないという長命寺桜もちは、添加物を一切使っていないから、日持ちは当日のみ。
あんこは北海道産の小豆と砂糖だけを使用たこしあん。丁寧に仕上げたこしあんを包むのは、小麦粉と水だけで作った生地を銅の板の上でクレープ状に焼いた上品な皮です。お店で使っている桜葉は100%伊豆松崎町産で、年中伊豆から取り寄せているんだとか。「5月から8月に大島桜の葉を手摘みして大きな樽に半年以上塩漬けにしてやっと完成します。当時は塩漬けする工程も本店でまかなっていたのですが、今は全て任してるんですよ。今年の摘んだ桜葉は11月頃からお店に並びますよ」(女将さん)

江戸時代の頃から、桜の葉を使用していた理由は、”香りづけ”の他に、お餅が乾燥しないようにするため。桜もちにはなくてはならないいい塩梅で塩漬けした”漬けもの”も一度食べたらやみつきになるファンが続出。甘すぎないあんこと出しゃばることのない皮に包まれたお餅を一口、そして締めに桜葉を戴くと桜の香りがさらに口の中で広がります。
しかし実は粋な食べ方は桜葉を外して食べることなんだとか。「お客様のお好みで葉とおもちを一緒に食べる方も多くいますが、実は桜もちは葉の香りを楽しむお菓子で、おもち全体にさくらの香りが染み込んだ時が一番美味しいんです。その先はお好みで葉も召し上がってみてもよろしいかと思いますけどね」(女将さん)
桜もちに葉の香りが染み込んで、お餅とあんこが一番しっくりくるのは、作りたてから2時間程置いてからが一番美味しく召しあがれる瞬間。
そして一番のおススメは、桜葉を外して食べること。洗練されたあんこの味わいと香りが充分に楽しめる粋な楽しみ方を女将さんが教えてくれました。

「長命寺の桜もち」とインスタ映え

歌川国貞改め豊国の作品「江戸自慢三十六景 向嶋堤ノ花井二さくら餅」の画中の女性2人が一緒にぶら下げているのは「長命寺桜もち」です。
江戸時代当時の桜もちは、現在の大きさの約3分の1程で、一口サイズだったんだとか。「一人前は7個入りだったようですので、もしかしたらこの大きさからすると篭詰25個入りくらいかも知れないですね」(女将さん)
当時、豊国が見ていた景色は現在、台東区と墨田区を繋ぐ泪橋のあたり。早速、向島を走る墨堤通りで泪橋と桜の葉をバックに。

300年以上の歴史を超えて今もなお愛され続けている理由とは
桜の季節になると食べたくなる桜もちですが、長命寺桜もちは四季を通して年中楽しめます。
最後に、女将さんに桜もちが愛され続けている理由を伺うと「日本人は本当に”桜”が好きなんじゃないでしょうかね。だから桜が咲く季節になると、桜もちが食べたいと想ってくれるお客様がたくさんいらっしゃってくれるんです。本当に嬉しい限りですね」と笑顔で応えてくれました。
「桜の季節は大変混み合っているので、これからの季節の方が店内でゆっくり桜もちを召し上がっていただけるかと思います。是非いらしてくださいね」(女将さん)

<店舗情報>
向島長命寺桜もち
住所:東京都墨田区向島5-1-14
電話番号:03-3622-3266
営業時間:8:30~18:00(年始営業により営業時間が前後する場合があります)
定休日:毎週月曜日(お休みの日がかわることもありますので営業カレンダーでご確認ください)
http://www.sakura-mochi.com/

<文・千島絵里香>
投稿者
甘党編集部