トシヨロイヅカ 5日間限定 店内で楽しむ特別”生”チョコパイデザート登場(シェフインタビューあり)


2018年4月19日から1年間にわたって新宿・京王百貨店で展開している"生"チョコパイ専門店。
1983年の発売以来、菓子の半生カテゴリーで不動の人気を誇るロッテ「チョコパイ」を生品質に仕立てた"生"チョコパイを新たに発売しており、連日行列ができるほどの話題に。この商品化にあたり監修をしたのがToshi Yoroizukaの鎧塚俊彦オーナーシェフです。

ロッテ「チョコパイ」は今年で発売から35周年。ケーキ屋で売られているケーキを、日持ちのするケーキとして提供できないかとの思いで開発されたチョコパイ。その賞味期限は6ヶ月に設定されていますが、
「今回、新宿の京王百貨店で販売している"生"チョコパイの消費期限はわずか2日間。4種類の「FRAISIER」「UJI MATCHA」「ETHIOPIA MOCHA」「BABA」の中から、店舗で楽しめる限定スイーツとして苺とピスタチオの組み合わせの"生"チョコパイを使用しました」(鎧塚俊彦シェフ)。

また、"生"チョコパイ専門店のオープンを記念してToshi Yoroizuka TOKYOで4月25日(水)から30日(月)までの間、京王百貨店でも大人気の「FRAISIER(フレジェ)」をさらにラグジュアリーなスイーツに仕立てた「Fraises des fleurs(フレーズ・デ・フルール)」が限定メニューとして登場。

お店で提供している商品は、鎧塚シェフが以前から絶賛している水戸市のいちご農家、八木岡岳暁さんのとちおとめを使用したメニューです。苺のソースとピスタチオのクリームを苺の果汁がたっぷりと染み込んだ生地でサンドした"生"チョコパイを生クリームやエスプーマーでまとい、最後に摘みたてのフレッシュな苺をふんだんに飾りました。

「ピスタチオは15年くらい前はまだ馴染みがなかった食材でしたが、今ではだいぶ認知されてきましたね。うちのお店に並ぶ苺のミルフィーユやケーキなどにも好んで様々なものにピスタチオと苺のバランスが好きで作っています」と話す鎧塚シェフは、店をオープンした当初から、ピスタチオとイチゴを使用したケーキを数多く投入してきました。

生チョコパイを自宅でアレンジ

鎧塚シェフは、"生"チョコパイを使って自宅でも簡単に楽しめるデコレーションメニューも提案しています。
「今回は基本的に家でも出来るアレンジを提案させて貰いました。Fraises des fleursなどのお店で提供している生クリームは7%の加糖で仕上げています。ご自宅で生クリームをつくるときもこの配合を意識して作るとさらに美味しくなりますよ。さらに"生"チョコパイのデコレーションを自宅で作るときは、簡単な方法としては、市販のバニラアイスを溶かしてソースとして使うと良いです。もちろん、チョコレートアイスや抹茶アイスなどでも合うと思います」(鎧塚俊彦シェフ)。

自宅で作れるメニューは、"生"チョコパイ「FRAISIER」を使用した「Fraises des fleurs」や、「UJI MATCHA」と栗がマッチする「Marronnier」、「ETHIOPIA MOCHA」とアーモンドで味わう「Amande d'or」、「BABA」にスライスした乾燥リンゴをトッピングした「Baba aux Pommes」の4種類。

レシピはロッテ「"生"チョコパイ」特設サイトにて掲載中です。
https://www.lotte.co.jp/products/brand/chocopie/nama/

最後に、鎧塚シェフに、海外修行時代に印象に残ったスイーツについて伺ってみました。
「僕がスイスに修行に渡った当時は、色々な三ツ星のお店に食べに行ったんですね。三ツ星レストランはどんなものなのだろうって。その帰りに何でもないビストロでランチをした時に、焼きリンゴが出てきたんです。蜂蜜をかけただけのふつうの焼きリンゴでした。その焼きリンゴに衝撃を受けましてね。蜂蜜をかけただけの焼きリンゴがこんなに美味しいんだって。その時に、それでいいんじゃないかって思ったんですよね。全ての食材に対して手をかけずにというわけではないですが、僕はその時に感じた美味い、めちゃ美味しいとおもった気持ちを今でも大事にしたいなと思っています」(鎧塚俊彦シェフ)。

様々な形でスイーツとコラボレーションしている鎧塚俊彦シェフが、お菓子作りで一番大切にしていることはとてもシンプル。自宅でも簡単にシンプルに、"生"チョコパイをデコレーションしてみてはいかがですか。

<文・千島絵里香>

<商品概要>
Toshi Yoroizuka TOKYO
「Fraises des fleurs(フレーズ・デ・フルール)」
価格:1,500円(グラニテ付き)
2,000円コース(アヴァンデセール付き)
3,000円コース(グラニテ、アヴァンデセール付き)
期間:2018年4月25日(水)〜4月30日(月・祝)

<店舗情報>
Toshi Yoroizuka TOKYO
住所:東京都中央区京橋2-2-1 京橋エドグランド1階
電話番号:03-6262-6510
営業時間:[2Fサロン・1Fカフェ]11:00~20:00(L.O.19:00)
[1Fショップ]11:00~20:00
日曜営業(サロンのみ火曜定休)

“生”チョコパイ専門店(テイクアウト)
所在地:京王百貨店 新宿店 中地階 菓子売場
住所:東京都新宿区西新宿1-1-4
期間:2018年4月19日(木)から1年間
営業時間:10:00〜20:30(日・祝は20:00まで)

「Toshi Yoroizuka」ホームページ
ロッテ「“生”チョコパイ専門店」ホームページ

【関連記事】
鎧塚シェフ監修「"生"チョコパイ専門店」 4種のフレーバーご紹介

投稿者
編集部