目白で発見 本格スイーツ&かき氷が楽しめる「Café ルドルフ」

目白にある「Café ルドルフ」は、2017年4月にできたばかりのお店。
パティシエが作る本格スイーツや、韓国式かき氷「ピンス」が味わえるということで、じわじわと注目を集め始めている。

田園調布レピドールからパリに渡り、その後、神戸の自店でパティシエを勤めていたシェフが作るスイーツはどれも一級品。
定番ものから期間限定ものまで、多数のケーキ、焼き菓子が並ぶ。

その中でも今一番ご紹介したいのがこちら。

桃を丸ごと使った「ペーシュアンブロワージュ」。山梨県産の大ぶりの桃!


中心はくり抜かれ、カスタードクリームで充たされている。
土台にはピスタチオの生地を使用していて香りも良く、桃のジューシー感を引き立ててくれる。
こちらの「ペーシュアンブロワージュ」は、桃が無くなるまでの期間限定販売なのでお早目に!(8月20日頃終了予定)

続いては、定番商品から「モンブラン」。

フランス産の栗を使用していて香りも豊か。土台にタルト生地を敷いておりその相性も良い。タルトを得意とするシェフの力が現れている。(秋からは和栗を使用した商品が登場する予定)

そしてこの夏から登場したのが、韓国式かき氷「ピンス」。
オリジナルレシピで作られたミルク氷を使用しており、まさに「パウダースノー」。水っぽくならずサラサラなかき氷が楽しめる。フレーバーは「きな粉ピンス」「イチゴ・あずきピンス」「マンゴピンス」の3種。


こちらの「イチゴ・あずきピンス」は、コンフィチュールのいちごを使った程よい酸味を味わえるソース。ミルク氷、練乳、アイスクリームと組み合わさることで、ミルキーで甘酸っぱい味わいが楽しめる。あずきは食感の変化が楽しめ、いちごとの相性も良い。


粉雪のような、かき氷のきめ細かさ。

このほか「Café ルドルフ」では、上述の通りシェフが得意とするタルトや、生地のきめ細かさが特徴の定番スフレチーズケーキ、焼き菓子など多数ラインナップ。どれもお値段がリーズナブルであるということと、行列で待たされることがまだ少なく本格かき氷を並ばずに食べられるということで、今狙い目のお店。
なお、かき氷は夏以降も販売するとのことで、いつでも食べたい時にどうぞ。


お店のコンセプトは「1年中クリスマス」。クリスマスの雰囲気で飾られた店内はアットホームな作りで居心地が良い空間となっている。

<商品概要>
ペーシュアンブロワージュ
価格:600円(税別)

モンブラン
価格:460円(税別)

チーズスフレ
特別価格:300円(税別)(通常380円税別)

かき氷
きな粉ピンス 900円(税別)
イチゴ・あずきピンス 1,200円(税別)
マンゴピンス 1,300円(税別)

<店舗概要>
Café ルドルフ
住所:東京都豊島区目白2-2-2 Mejiro222 1F
電話:03-5924-6889
営業時間:10:00-20:00
定休日:水曜日

「Café ルドルフ」Facebookページ

投稿者
編集部