フォトジェニック&新感覚!今話題のフルーツサンド4選

老舗のフルーツパーラーなどで定番の商品だったフルーツサンドがここ数年ちょっとしたブームになっています。その背景にはインスタなどのSNSの普及で写真を撮った際の断面の美しさがその美味しさを連想させていると考えられます。フルーツサンドの基本はパン+フルーツ+クリーム。もともとケーキに似せて作ったことがフルーツサンド誕生のきっかけと言われているので、この方程式はスイーツと呼んでも間違えではありません。スイーツコンシェルジュ目線で、4軒のフルーツサンドをピックアップしてみました。

ホットケーキパーラーFru-full


赤坂の路地裏の住宅街の中にひっそり営業している「ホットケーキパーラーFru-Full」は2012年3月に惜しまれつつ閉店した老舗「万惣フルーツパーラー」でホットケーキを焼いていたスタッフさんたちによって2013年にオープンしたお店です。弘化3年(1846年)創業の万惣の味を受け継ぐお店とあって、昔からのファンはもちろん、万惣の味を知らない若い世代まで連日行列の絶えないお店です。そんなホットケーキパーラーFru-Fullでは外側カリッと、中ふんわりなホットケーキが看板商品ではありますが、もともと高級果物店ということを活かして昭和2年フルーツパーラーを開業した万惣にいらしたフルーツ担当の方もFru-Fullにはいらっしゃるので、万惣でも名物だった季節のフルーツをふんだんに使ったメニューもとても人気があります。そんなフルーツメニューのひとつなのがフルーツサンドイッチ。
店内でいただくフルーツサンドイッチ(8切れ)は1300円。瑞々しい新鮮なフルーツが規則的に並んだ断面は芸術そのもの。挟んであるフルーツはいちご、バナナ、パパイヤとキウイ。合わせてあるクリームは脂肪分高めなものですが、フルーツが食べごろに追熟されたものなので、クリームの甘さはほぼなく、フルーツの甘みのみでいただくところが美味しさの秘密なのかもしれません。テイクアウトなら4切れで650円、ご自宅でこの美味しさを味わえるのはかなりの贅沢です。

ホットケーキパーラーFru-Full 赤坂店
住所:東京都港区赤坂2-17-52
http://www.frufull.jp/company.htmlhttp://www.frufull.jp/company.html

果実園


果物屋でのアルバイト時代から合わせて50年以上果物を仕入れてきた経験を持つオーナーが営む果実園は「常に身近に果物(フルーツ)を感じていただきたい」というポリシーのもと常に新鮮な商品を仕入れ、時には追熟をしたり、完熟しているものは冷蔵庫にいれたりと、一番いいタイミングのまま保管するなどして、果物を美味しく提供しているお店です。また果物を気軽に食べられることを大事にされているので、原価率40~50%と高めながら、できる限り価格を抑え、コストパフォーマンスよく提供する努力をされています。そんな果実園のフルーツサンドはイートインのお食事メニューとして11:00より登場します。フルーツサンド980円。
カットしたバナナ・いちご・キウイ・パイナップル・ブルーベリー・マンゴーを甘さ控えめな生クリームにあらかじめ和えたものを薄めのパンで挟んであるので果物をたっぷり味わえるフルーツサンド。1皿あたり、だいたいバナナ1/2本、いちご5粒、キウイ1/2、ブルーベリー5粒、マンゴー1/4、パイナップルは1/10くらいは入っているそうです。お食事として提供されるプレートにはサラダと旬のカットフルーツも盛られていて、この日はメロンやスイカでしたが、こちらは仕入れの状況や季節により変わってくるようです。こんなに果物たっぷりで980円というお値段には企業努力を感じます。東京店では女性のみならず男性のフルーツサンドファンも多いようです。

果実園 東京店
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1キッチンストリート内
http://www.tokyoinfo.com/shop/search/detail/kajitsuen.html

ウッドベリーズ


吉祥寺で今年創業20周年のフローズンヨーグルト専門店ウッドベリーズ。フローズンヨーグルトに使われているヨーグルトは新鮮な自家発酵のもの、合わせる果物も契約農家さんから仕入れ直送された新鮮なものです。そんなウッドベリーズのフルーツサンドはオーダーが入ってから作ってくれます。西東京市の「ブーランジェリービアリッツ」のオリジナルリッチ系の食パンに水切りした自家発酵のヨーグルトに生クリームを加えて作ったヨーグルトクリームと契約農家の新鮮果物を、まるでパフェのように組み立ててあるかのようなフルーツサンドに仕上がっています。ヨーグルトベースのクリームなのでとても爽やかでさっぱりとしていて、それでいて濃厚な味わいが新鮮な果物にとてもあっています。パフェかケーキを食べているようなそんなフルーツサンドは400円です。

ウッドベリーズ
住所:東京都武蔵野市吉祥寺南町1-4-1 井の頭ビル1F
http://www.woodberrys.co.jp/

La Base Secrete du GAMIN


2016年12月、三軒茶屋にオープンしたLa Base Secrete du GAMINはフレンチをベースとしたレストランを展開するギャマングループが展開するパン・お菓子・ケーキを中心にしたお店です。店名La Base Secrete du GAMIN(ラ バーズ スクレート ドウ ギャマン)はフランス語で“ギャマンの秘密基地“という意味。そんな“秘密記事”にはパンとケーキ両方の要素を楽しめるまったく新しいフルーツサンドならぬフルーツドック「バターたっぷりブリオッシュコッペパン風フルーツドック」が480円でいただけます。文字通りバターをたっぷり使った贅沢なブリオッシュ生地のコッペパンにカスタードと生クリームのダブルクリームにいちご、ラズベリー、ブルーベリー、ピスタチオをトッピング、ベリー系のソースで仕上げてあります。フレンチレストランの系列店ならではの新感覚フルーツサンドです。

La Base Secrete du GAMIN
住所:東京都世田谷区太子堂2-23-10 1F
http://www.gamin2008.com/

いかがでしたか?お気に入りのフルーツサンドは見つかりましたでしょうか?冒頭にも書きましたが、フルーツサンドはパン・クリーム・フルーツというとてもシンプルな素材を合わせているだけなので、それぞれの素材の良さ、味で美味しさが左右されます。ここでご紹介したフルーツサンドはいずれも素材にこだわって、パン・クリーム・フルーツの三位一体を実現しています。まだ未体験の方はぜひ食べてみてください。

ホアリー
投稿者
ホアリー
日本スイーツ協会認定スイーツコンシェルジュです。お菓子全般食べるのはもちろん作るのも好きなスイーツマニア。ベトナム人の父と日本人の母を持つハーフでフランスの教育を受けて育った影響からか、ヨーロッパの伝統菓子の歴史や背景に思いを巡らせながら楽しむのも好き。亀屋万年堂のナボナ大使にも任命いただいています。